書誌詳細

文献検索 > 検索結果一覧 > 書誌詳細

戦後の日本工藝

資料番号: 1945-010
発行元: 商工省工藝指導所
注記1:
注記2:
注記3:
発行年月: 1945年11月
形態・ページ数: A4、21頁(復刻)
内容・目次: 工藝日本の顕示(齋藤信治)
科學技術と工藝(大河内正敏)
農村工藝の振興(有馬頼寧)
日本工藝の今後の行き方(藤山愛一郎)
主として輸出工藝品に就いて(児玉希望)
工藝界への要望(伊原宇三郎)
本當のもの-美術工藝偶感(谷川徹三)
對外貿易の諸問題(石澤豊)
創造力の源泉に就いて(宮本百合子)
収録方式: OCR編集
備考: 原本は「商工省工藝指導所年報 昭和21年度」所収。本稿は「INDUSTRIAL ART NEWS NO.46+産業工芸研究No.28」(日本工芸技術協会+工芸財団、2015年9月15日)に復刻掲載されたものを今回OCR編集で収録した。
書誌番号年: 1945
資料分類: 8. 論評・論説等(振興政策に係る論評・論説記事など)
政策分野: デザイン課題動向